2017年01月17日

「Windows 10」のサポートを追加

Microsoftは米国時間8月17日、「Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)2015」のダウンロード提供をMSDN会員向けに開始したと発表した。

 MDOPは、「Windows」の法人顧客向けに提供される、仮想化や管理、復元のためのツール群だ。MDOPには「Microsoft Advanced Group Policy Management(AGPM)」や「Microsoft Application Virtualization(App-V)」、「Microsoft User Experience Virtualization(UE-V)」、「Microsoft BitLocker Administration and Monitoring(MBAM)」、「Microsoft Diagnostics and Recovery Toolset(DaRT)」、「Microsoft Enterprise Desktop Virtualization(MED-V)」がバンドルされている。


 2015年「春」のリリースとなる新たなMDOPには「App-V 5.1」や「MBAM 2.5 Service Pack(SP)1」「UE-V 2.1 SP1」「DaRT 10」「AGPM 4.0 SP3」が含まれている。これらの更新版はすべて、「Windows 10」をサポートしている。MDOP 2015で更新された機能の全容は、MSDNのMDOP 2015ページで「Details」(詳細情報)をクリックすると表示される。  
Posted by softkeyjp at 15:08Comments(346)TrackBack(0)

2017年01月10日

アーティサンのDynamics 365対応製品

アーティサンは、ビジネスアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics 365」と経路検索API「駅すぱあとWebサービス」を連携し、経費精算時の近郊交通費の自動出力を可能とするアドオン製品「DEXPath」の提供を12月21日より開始した。


「DEXPath」の概略イメージ

DEXPathは、Microsoft Office製品と高い親和性を持つMicrosoft Dynamics 365のCRM機能と連携して、標準機能でExcelにエクスポートできる。また、同社が提供するデータアダプタ「Microsoft Dynamics CRM アダプタ for ASTERIA WARP」を使用すれば、データ連携ミドルウェアによる連携が可能。これらにより、経費申請時の煩わしい作業を効率化するという。

経路および交通費については、ヴァル研究所が提供する駅すぱあとWebサービスを利用しているため、最適な経路と運賃を自動で算出できる。

同社では、Microsoft Dynamics 365対応アドオン製品として「DEXPath」などを提供するが、今後はこれらの機能強化のほか、直近数カ月でいくつかの新製品の提供を予定しているという。  
Posted by softkeyjp at 16:12Comments(373)TrackBack(0)

2017年01月03日

Gmailでサブのメールアドレスを瞬時に作成する

SNSやオンラインサービスにユーザー登録するとき、メールアドレスが必要になることはたびたびありますが、Gmailアドレスを利用することも多いと思います。では、同じサービスに複数のアカウントを作成したいときはどうでしょうか。一般的には同じアドレスで異なるアカウントを新たに作ることはできません。といって、別のメールアドレスを用意したり、新たにGmailアカウントを作り直したりするのは面倒ですねWindows 7 アップグレード

そんなときに便利なのが、Gmailのエイリアス機能です。Gmailでは、1つのメールアドレスを起点として、いくつものメールアドレスを作成することができます。同じサービスに複数のアカウントを作りたいとき、別のアドレスを用意しなくても、Gmailのアドレスが1つあれば困りません。なお、SNSやオンラインサービスによっては、同一の個人が複数のアカウントを所有することを禁じている場合もあります。各サービスの利用規約をよく読んで、違反しないように利用してください。

エイリアスを使用する

Gmailでエイリアスを使う方法は2つあります。用途に合わせるか、使いやすいほうを選ぶとよいでしょう。

まずは1つめの方法です。ユーザー名のあとにカテゴリを追加します。ユーザー名とカテゴリは「+」でつなぎます。たとえば、
オンラインのサービスに登録するときに、エイリアスを使い分けることで、いくつものアカウントを作成できるわけです。「+」のあとにカテゴリ名を入力するだけなので、いくつでもアドレスを作成できますWindows 8.1アップデート。フィルターを作成することで、エイリアスに送られてくるメールをカテゴリで整理するという使い方にも便利です。

ユーザー名に「.」を挿入する

2つめの方法では、ユーザー名のどこかに「.」(ドット)を挿入します。Gmailでは、「.」の付いたメールを別のメールアドレスとして認識しません。そのため次のアドレス宛に送られたメールはすべて、に届きます。


「.」はユーザー名の前や@の前に置くことはできません。また2つ以上の「.」を連続して使うこともできません。作れるアドレスの数はユーザー名の長さに依存します。

なお「.」を使用したメールアドレスでフィルターを作成することもできます。送信先アドレスに「.」付きのアドレスを入力することで、所定の動作を設定できます。

1つのGmailアドレスがあれば、実質、無限にアドレスを使い分けることができます。複数のアドレスが必要なときは、ぜひ活用してください。  
Posted by softkeyjp at 17:14Comments(369)TrackBack(0)